4期の募集については各種SNSでご案内いたします。(※お知らせが必要な場合はLINE公式をお友達追加してください。https://lin.ee/cXJEjMm

「おひとりさま検定試験(R)」は、おひとりさまが抱える課題や問題を解決するプロフェッショナル人財を養成する資格検定試験です。基本的には、オンライン講座とチャレンジ型の検定試験を組み合わせたもので、「初級」「中級」「上級(有料コースBASIC・PRO)」の3クラスで構成されています。今回、その第一歩となる初級検定「つたえびと」の第3期生の2次追加募集がはじまりました!

おひとりさまの課題解決のプロになれる、講座&チャレンジ型検定試験「おひとりさま検定試験(R)」

【受講無料】初級検定3期「つたえびと」
2次追加募集【受講無料】初級検定 3期「つたえびと」追加募集は終了しました。

4期の募集については各種SNSでご案内いたします。(※お知らせが必要な場合はLINE公式をお友達追加してください。https://lin.ee/cXJEjMm

初級検定はこんな方々にオススメします

★おひとりさまの課題=社会課題を、ビジネスを通じて解決するきっかけが欲しい
・ひとり一人の課題に向き合うために、生きづらさ、孤立・孤独の背景のあるものを理解したい
・「人間関係」が苦手だがひとと関わらずに生きることはできないので、その解決のための糸口が欲しい
・今の仕事のプラスアルファ、副業・起業、定年後の新たな仕事、生き方につながる資格を取得したい
★ソロ活最高! そんな思い、生き方・在り方を〝価値〟としてたくさんの人に伝え、つながりを持ちたい
・コロナ明けの〝個〟の時代を生き抜くヒントが欲しい
・自身の「強み」を活かした、活動を行いたい(営利・非営利を問わず)
・ニューノーマルな生き方を実践する仲間たちの集まる場やコミュニティ作りに興味がある

TOPへ戻る

●私たちが理想とする「ひとりで生きる力」、孤立無援ではない「個立有援・個立有縁」のビジョンを理解し、周りの人に伝えられるようになります。

ひとは「ひとり」では生きてはいけないということをあたらためて知る、そして伝えられるようになることは、これからの〝個〟の時代には必要な知識になるはずです。(ビジネスの観点からも「マス」から「個」への流れが加速しています

※ex. 2040年には、全国、全世帯の40%以上が一人暮らしになると言われています。いずれは単身世帯となるであろう2人世帯を合わせると実に60%以上が一人暮らし(もしくは候補)となります。

●ひとそれぞれの〝生きづらさ、孤独や孤立〟に寄り添える知識を得ることで、ひととの「つながり」を考えられるようになります

コミュニケーション能力の高いひとは「ひととつながりましょう」「助けてと言いましょう」「助けてあげましょう」なんて、簡単に言います。実に表面的なあたりまえのことだけで〝実際にどうしたら良いのか〟という点で、提案をされるひとは少ないように感じています。そもそも、そういう声を上げることが、むずかしいからこそ、〝生きづらさ、孤独や孤立〟の問題があるのにです。
ですから、〝そういうひともいるんだ〟と、まず寄り添うこと、そして理解することで、ご自身が「ひとり」と「ひとり」をつなぐ、社会資源として「何ができるだろうか?」と考えられるだけの材料が揃った、という段階までたどりつきます。
以降の中級チャレンジ、上級講座へのSTEP UPもスムーズになります。

運営講師:安藤より

コロナ禍で「ひとり」の時間が増え、自由な時間が増えたひとも多いでしょう。アクティブなひとは、オンラインで全国の知らない方と出会う機会も多くなり「ひとり」だけど「ひとり」じゃないと感じているひとも。その反面、外出やネットでつながることが怖くて、どんどん孤立を深めている人も…。
これから先2040年には、全国・全世帯のおよそ半分が単身世帯になると言われています。どの業界でも「マス」から「個」への流れが進んでおり、〝おひとりさまの課題解決スキル〟はどのようなひとにでも必要不可欠な〝力〟となっていくはずです。その3期生として、先輩受講生、運営・講師と一緒に学んでいきましょう。

TOPへ戻る

おひとりさま検定試験(R)」初級検定「つたえびと」の講座内容は下記の通りです。

初級検定「つたえびと」では、私たちが理想とする「ひとりで生きる力」とは? また、「ひとり」の背景にある〝生きづらさ、孤独や孤立〟を臨床心理士/公認心理師が解説。理解を深める1時間の動画講座を受講いただきます。その後に、記述テスト(一部レポート)を受けていただく内容です。

「理解のための1.5時間」
①私たちが理想とする「個立有援(縁)」の生き方、「ひとりで生きる力」について動画で解説(30分程度)
②「ひとり」の背景にある〝生きづらさ、孤独や孤立〟を臨床心理士/公認心理師が動画で解説(30分程度)
③簡単なテスト4問と「つながり力」について実際に考えていただくレポートを提出していただきます。
※テスト回答は早い方で15分ほどで終了します。
※テスト、レポートについては、アンケートフォームに記入いただきますので動画講座をご覧いただいた後、空いた時間にチャレンジし申し込み期限までに提出(送信)してください。

合否については、合格者のみにご登録のメールアドレス宛にご連絡させていただきます。また、受講・受検は無料ですが、合格者の方で認定証の発行とHPへのお名前登録を希望される方は、登録料が必要です(税込3,300円)。

【受講無料】初級検定3期「つたえびと」
2次追加募集【受講無料】初級検定 3期「つたえびと」追加募集は終了しました。

3期の募集は3月までの期間限定です。

※この間の合否のお知らせはテスト送信後3日以内に行います。
※4期の開講は当分の間予定しておりません。ご興味のある方はこの機会に、ぜひチャレンジしてください!

初級検定「つたえびと」は受講無料です。

TOPへ戻る

「初級」「中級」「上級」各クラス、すべてのミッションをクリアしたとき、
あなたは〝おひとりさまの課題解決のプロ〟になっているはずです。

上級検定「つなぎびと」受講生の声

60歳:松村さん

Q.これから自身ではじめる、取り組んでいる具体的な内容とその未来について

サロン活動を実践してみる! 活動を応援してくれそうな個人・組織・団体にアプローチしています。在職中の経験を活かして小規模でも良いので『場』を創り、仲間を増やし、昨年10月から『おひとり様のためのアクティブサロン未来(MIRAI)』副代表として活動を開始。「ひと検」でご縁を頂いた新聞社から活動に関する取材依頼も来ました。
(0期から1期継続受講:卒検準備中/サロン運営開始済み)

40代:サトコさん

Q.実現したいビジョン(これからご自身ではじめる、取り組んでいる具体的な内容とその未来について)

A.ひとりで暮らしている女性が「ひとり」を理由にあきらめない社会的つながりを作りたいと考えています。そう考えたきっかけはまさしく自分が欲しいと感じていると気付いたからです。 

今後日本は単身者が人口の半分になると言われていますが、世の中にある救済窓口は困窮者の為にあり、一人を選んだ人には開かれていないのが現状です。しかし自立した単身者が困ることもある、その時に同じ立場の人と話すことで「自分だけじゃない」と思えたらどんなに心強いだろうと考えました。

そこで、市が運営している「女性センター」さんにご相談させていただき、まずはシングルマザーを除く現在就労中の単身女性を対象に、話をする場を設けてみようということになりました。現状私が始めることで何ができるのかは正直分からず不安なところもありますが、求めている人が集まったら次が見えてくるのではと感じています。

子供がいないから、家族を持たないからを理由に自分から自分を社会の疎外者にせず、いつまでも自分のやりたいことを選べる、他人だから相談しやすい、応援し合える、そんなコミュニティになったら理想だなと考えています。(1期受講:サロン開設準備中&卒検準備中)

40代:だいふくさん

Q.個立有援・個立有縁のビジョンへの実現可能性等/ひと検で変わったこと/気づいたこと

A.元々は、実家でひとり暮らしの母の生活ぶりを見て、「おひとりさま」は状況によって楽しいものとは限らないと感じました(自分がひとり暮らしをしたときは、日々あんなに楽しかったのに…)

ひと検で「社会的処方」を知り、自分も何かできないかを考えるようにもなりました。

しかし、自分の心に穴が空いたままでは人に手を差し伸べることはできません。誰かに手を差し伸べる前に、まずは自分を満たす必要もあります。

そこで、自分と向き合う、心身を見つめるアプリを作りたいと思うようになり、また、自分や誰かがうすくつながるための手段としてもアプリが使えないか模索したいと考えるようになりました。

 (1期受講:アプリ開発中&卒検準備中)

30代:りつさん

Q.みなさんと一緒に学ぶことで気付いたこと、将来の夢を教えてください。
想像していなかった意見が聴けたり、それによって自分の考えが深まったり参加されている方の考えが研ぎ澄まされていくのを感じました。 いつかはリアルな場を作ってみたいなと思いました。もっと先の未来かもしれませんが 人がちょっと寄れて少し話して気がまぎれる、ような場所を。(0期受講:卒検準備中/おしゃべりコンテンツの実証実験中)

50代:いづみさん

Q.ひと検全体の感想。一緒に学ぶことで気付いたことや良かったことがあれば教えてください。

ひと検で気づいたことは、ミッション、ビジョンを持つこと。そしてそれを言語化することの大切さです。講座を受け身でただ受けているだけでなく、ミッション、ビジョンに基づいた目的を持ち、それを現実化するまでがゴールというのが他の講座と違うところだと思います。 また、ストレングス・ファインダーでは、私の弱みさえも強みになると発想の転換ができました。(2期受講中)

40歳:いもさん

Q.実現したいビジョンはどのようなものですか?
A.人生失敗してもまたやり直せる社会になるような仕組みづくり。 自分の体験を通じた取り組みをしたい。

Q.なぜ、実現したいのでしょうか?
明るい未来が見えない日本でも、誰でも誰かが助けてくれるという認識が持てるような社会を作りたいから。(2期受講中)

運営・講師からのメッセージ

講師:横野より

「生きづらさの背景にあるもの」【孤立・孤独への理解を深めるの】の講座と、このテーマでのブレスト型グループワークを担当している横野めぐみです。

私自身が独身・一人暮らしということもあり、以前から「おひとりさま」ということに興味を持っていました。私は支援職(心理職)に就いていますが、孤独や孤立の専門家ではありません。ですから皆さんと学びあうというスタンスで講義をしたいと思っています。

実際、これまでも受講生の皆さんからたくさんの刺激をいただき、私自身がこのテーマについて理解を深めてきました。一筋縄ではいかない難しいテーマですが、一緒に勉強していきましょう。

運営・講師:安藤より

ひとり・おひとりさま、孤独・孤立の概念についての講座を担当する一般社団法人ひとりとひとり・スーパーバイザーの安藤と申します。私はこのほか、代表理事の廣川とともに、オリエンテーションやコンセプトワーク、グループコンサル、個人コンサルなどを担当します。

私は長年にわたって、プランニングやクリエイティブの分野で生きてきました。コピーワークなど、ライティングのプロでもあります。

みんな違って、みんないい! 「正解」はありません。もちろん「なりたい自分」も人の数だけあります。この「ひと検」を通じて、いままで培ってきたノウハウや知見等を活かして、全力で皆さんに寄り添い、「なりたい自分」の実現をお手伝いしてまいります。

運営・講師:廣川より
(代表理事)

おひとりさま検定試験の目的は「ひとり」と「ひとり」をつなぎ、社会の接続点となりうる人財の輩出です。社会の接続点となりうる人が増えることで、多様化するニーズに応えられる居場所を増やし、孤立無援ではない「個立有援・個立有縁」の社会づくりができると信じています。

ここに集って、一緒に学び合い、活動し協働するメンバーの思いは、「社会そのものを変えたい」という壮大なものから、「自分と同じ『不安』を抱えるひとたちと支え合うシクミを作りたい」というような身近なものまでさまざまです。

私たち運営・講師陣は、受講生の伴走者となり、あなたのミッションとビジョンを実現し「持続可能」な取り組みとしていくためにマインドセット、ツール、コンテンツ、場づくりなど、必要なすべてを惜しみなく提供していきます。

コーチ:堀越より

クリフトンストレングス(ストレングスファインダー)を用いた「自己理解・他者理解」の講座と「チームビルディング」のグループワークを担当する堀越と申します。

0~2期を通して、集まる人の分だけ化学反応が起きるんだなと実感しています。

同じ講座を行っても、受講生の皆さんが持っている才能や強みひとつで、講座が毎回変わる、そして、それによって生まれてくるものも違うんだろうなと思います。

さらにここから、期を超えた受講生同士のつながりが生まれることで、今までにない、またひとりではできないことに取り組んでいける、そんな場になっていくことを感じています。

講師だけで作る場ではなく、今までの受講生の皆さん全員が作った場です。これから加わる皆さんによって、さらに進化していく場に参加してみませんか?

運営:イマイより

運営としてPC、オンラインなどの設定に慣れていない方もしっかりサポートいたしますので、安心してご参加ください。メインの講座以外には、受講者のみなさんの交流会、卒業後のコミュニティを主催します。よろしくお願いします。

TOPへ戻る

知らなかったことを知る、わからなかったことがわかる、それにより、
あなたは今より確実に「成長」することができるわけです。

この「認識の壁」を越えるところから、すべてがはじまります。

TOPへ戻る

初級検定「つたえびと」は受講無料です。

3期の募集は3月末までの期間限定です。

※この間の合否のお知らせはテスト送信後3日以内に行います。
※4期の開講は当分の間予定しておりません。ご興味のある方はこの機会に、ぜひチャレンジしてください!

TOPへ戻る

わたしたちの想い

わたしたち「おひとりさま検定試験」の理念は、孤立無援ではない、「個立有援・個立有縁」の未来の実現です。そのために〝ひとり〟と〝ひとり〟をつないでいくことをミッションに、この検定を運営しています。
〝ひとり〟の関わり白の可能性を広げていくことで、人生を豊かにし、つながることで、孤独・孤立の課題解決にも寄与できると考えています。そのために受講生や関わってくれるすべてのひとのために、これからの時間を使うと決めています。

おひとりさま〟という言葉の先入観・固定観念は、ひとそれぞれですが、実際にはだれひとりとして同じ人はいないので、すべての人が〝おひとりさま〟だと思っています

【朝日新聞の取材を受けました】

2021年の10月と11月に朝日新聞のふくおか・佐賀版(他、Yahoo!ニュース、LINEニュースなど)、翌月には佐賀版に当検定の取り組みが掲載されました。現在は、webで全国どこでもお読みいただけます。少しでも興味をもっていただけるのなら、ぜひ記事を読んでみてください。
https://www.asahi.com/articles/ASPB77250P9WTIPE013.html?iref=pc_ss_date_article
 

おひとりさま検定試験事務局

info@hito-ken.com ※メールにてお問い合わせください。

営業時間/平日10:00〜17:00 定休日/土日祝 TEL.092-406-8009
運営:一般社団法人ひとりとひとり (公式サイト:http://hitori-to-hitori.com
ひとりとひとり編集部はnote毎日更新中! 詳細はこちら

TOPへ戻る