「おひとりさま検定試験(R)」は、おひとりさまが抱える課題や問題を解決するプロフェッショナル人財を養成する資格検定試験です。基本的には、オンライン講座とチャレンジ型の検定試験を組み合わせたもので、「初級」「中級」「上級(有料)」の3クラスで構成されています。今回、その第一歩となる初級検定「つたえびと」の第1期生の募集がはじまりました!

おひとりさまの課題解決のプロになれる、講座&チャレンジ型検定試験「おひとりさま検定試験(R)」

【受講無料】初級検定「つたえびと」募集開始!!

1期のお申込は【2021年5月18〜27日まで】期間限定の募集となります

初級検定はこんな方にオススメします

★おひとりさまの課題=社会課題を、ビジネスを通じて解決するきっかけが欲しい
・ひとり一人の課題に向き会うために、生きづらさ、孤立・孤独の背景のあるものを理解したい
・「人間関係」が苦手だがひとと関わらずに生きることはできないので、その解決のための糸口が欲しい
・今の仕事のプラスアルファ、副業・起業、定年後の新たな仕事、生き方につながる資格を取得したい
★ソロ活最高! そんな思い、生き方・在り方を〝価値〟としてたくさんの人に伝え、つながりを持ちたい
・コロナ明けの〝個〟の時代を生き抜くヒントが欲しい
・自身の「強み」を活かした、活動を行いたい(営利・非営利を問わず)
・ニューノーマルな生き方を実践する仲間たちの集まる場やコミュニティ作りに興味がある

TOPへ戻る

●私たちが理想とする「ひとりで生きる力」、孤立無援ではない「個立有援(縁)」のビジョンを理解し、周りの人に伝えられるようになります。

ひとは「ひとり」では生きてはいけないということをあたらためて知る、そして伝えられるようになることは、これからの〝個〟の時代には必要な知識になるはずです。(ビジネスの観点からも「マス」から「個」への流れが加速しています

※ex. 2040年には、全国、全世帯の40%以上が一人暮らしになると言われています。いずれは単身世帯となるであろう2人世帯を合わせると実に60%以上が一人暮らし(もしくは候補)となります。

●ひとそれぞれの〝生きづらさ、孤独や孤立〟に寄り添える知識を得ることで、ひととの「つながり」を考えられるようになります

コミュニケーション能力の高いひとは「ひととつながりましょう」「助けてと言いましょう」「助けてあげましょう」なんて、簡単に言います。実に表面的なあたりまえのことだけで〝実際にどうしたら良いのか〟という点で、提案をされるひとは少ないように感じています。そもそも、そういう声を上げることが、むずかしいからこそ、〝生きづらさ、孤独や孤立〟の問題があるのにです。
ですから、〝そういうひともいるんだ〟と、まず寄り添うこと、そして理解することで、ご自身が「ひとり」と「ひとり」をつなぐ、社会資源として「何ができるだろうか?」と考えられるだけの材料が揃った、という段階までたどりつきます。
以降の中級チャレンジ、上級講座へのSTEP UPもスムーズになります。

運営事務局より

コロナ禍で「ひとり」の時間が増え、自由な時間が増えたひとも多いでしょう。アクティブなひとは、オンラインで全国の知らない方と出会う機会も多くなり「ひとり」だけど「ひとり」じゃないと感じているひとも。その反面、外出やネットでつながることが怖くて、どんどん孤立を深めている人も…。
これから先2040年には、全国・全世帯の4割以上が単身世帯になると言われています。どの業界でも「マス」から「個」への流れが進んでおり、〝おひとりさまの課題解決スキル〟はどのようなひとにでも必要不可欠な〝力〟となっていくはずです。その1期生として、一緒に学んでいきましょう。

TOPへ戻る

おひとりさま検定試験(R)」初級検定「つたえびと」の講座内容は下記の通りです。

初級検定「つたえびと」では、私たちが理想とする「ひとりで生きる力」とは? また、「ひとり」の背景にある〝生きづらさ、孤独や孤立〟を臨床心理士/公認心理師が解説。理解を深める1時間の動画講座を受講いただきます。その後に、記述テスト(一部レポート)を受けていただく内容です。

「理解のための3時間」
①私たちが理想とする「個立有援(縁)」の生き方、「ひとりで生きる力」について動画で解説(30分程度)
②「ひとり」の背景にある〝生きづらさ、孤独や孤立〟を臨床心理士/公認心理師が動画で解説(30分程度)
③簡単なテスト4問と「つながり力」について実際に考えていただくレポート(800文字以内)を提出していただきます。
動画配信は5月27〜31日まで、テストは早い方で15分ほどで終了します。
※テスト、レポートについては、アンケートフォームに記入いただきますので動画講座をご覧いただいた後、空いた時間にチャレンジし6月3日までに提出(送信)してください。

合否については、合格者のみにご登録のメールアドレス宛にご連絡させていただきます。また、受講・受検は無料ですが、合格者の方で認定証の発行とHPへのお名前登録を希望される方は、登録料が必要です(税込3,300円)。

【受講無料】初級検定「つたえびと」募集開始!!

1期のお申込は【2021年5月18〜27日まで】期間限定の募集となります

初級検定「つたえびと」は受講無料です。

TOPへ戻る

「初級」「中級」「上級」各クラス、すべてのミッションをクリアしたとき、
あなたは〝おひとりさまの課題解決のプロ〟になっているはずです。

上級検定「つなぎびと」トライアル0期受講生の声

A美さん

単身者とペットが一緒に生活するシェアハウスを運営したいという夢があり上級検定「つなぎびと」トライアル0期に参加しました。若い世代(30・40代)の孤立・孤独のリアルな資料を読み込んで、どこに課題があり、自分自身の強みを使って何ができそうか? を話すグループワークはとてもためになりました。

B﨑さん

私は、今の仕事の延長線もしくは隣接域に「おひとりさま」の課題があると感じていて、「おひとりさま」に対する理解を深め、また自身でも能動的に取り組めることを探りたいと思い参加しました。
私自身には現在は家族がいて、かたちとしては「おひとりさま」ではないですが、本講座の入り口では、孤立の精神的側面(人が精神的な孤独を感じる理由、要素)を学び、「おひとりさま」という概念が無関係の人はこの世にはいないのだということを実感しました。自分ごととして捉えることで、「おひとりさま」の課題への向き合い方も変わるので、とても良い収穫だったと思います。

C夫さん

 会社を定年退職し、これまで自分が経験してきたこと、蓄積してきた知識やスキルを社会に還元できないか、地域に貢献できないかと、と考えていたとき、この検定試験のことを知り、受講してみたいと思いました。
私が培ってきた経験や知識、技術を活かせる活動が可能だということもよくわかりましたが、一方では、私の持っていた先入観や固定観念もどんどん浮き彫りとなりました。
自身や他者の「いま」を知り、「みらい」を切り拓くため、ここで得たことを存分に活かしていきたいと思っています。

D子さん

上級検定「つなぎびと」では、発信の講座・ワーク、グループコンサルもあります)今期から会社SNSの運営担当を任されることになったので「SNSでの発信」について仲間たちに相談しました。
グループコンサルをしてもらうなかで「本当の目的はどこにあるのか」「ターゲットはだれなのか」など、ぼんやりしていて考えが及ばなかった部分が徐々に見えてきました。上手くいっていない理由、どんな課題があるかまで少し理解出来てきて、最初のアクションは決まりました。正直自分でどれだけ考えても、ここまでまとめるのは無理だったでしょう。やるべきことが見えてくればスタート出来るので、周りを巻き込んで始めてみようと思えました。

E世さん

ひととひとのつながり方に興味を持ち参加させていただきました。私個人的には1人でいる方が楽な事も多いですし、1人の時間がとても好きです。ですが、それはつながる人がいてこその1人の時間であり、つながる事が困難な、真の孤独の問題を抱えている、生きづらさを感じている方の1人の時間とは意味が違います。その意味と課題に対して自分がどんな事ができるか考えたくて参加しましたが、とても具体的な例示や概念を知る事ができました。単純な「おひとりさま」という言葉ではなく、社会全体がこの課題に取り組み、みんなが自立して支え合う世の中を作る事が大切だと実感しました。

F野さん

パートナーも子どももいて、趣味を通しての友達づきあいも多いので、正直なところ「ひとりで生きる」は他人事というイメージでした。けれど孤独死などの深刻な問題を含め、すべての人が「ひとり」になり得るというデータやお話をお聞きして「確かにそうだな」と気づいたのが、受講のきっかけでした。これからやっていきたいと思っている仕事は、個人へのコンサル的な要素があります。「おひとりさま検定」の資格を得ることで、お客様の未来へのアドバイスや気づきも提案できれば、サービスとして強みになるのではないかと思っています。

運営事務局より

この資格を用いて、あなたがしたいこと、そのミッションとビジョンを実現し、「持続可能」な取り組みとしていくために、マインドセット、ツール、コンテンツ、場づくりなど、私たちは必要なすべてを提供します。あなたの「仲間」として、協力と応援は惜しみません。

TOPへ戻る

知らなかったことを知る、わからなかったことがわかる、それにより、
あなたは今より確実に「成長」することができるわけです。

この「認識の壁」を越えるところから、すべてがはじまります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 認識の壁-1024x675.png

TOPへ戻る

初級検定「つたえびと」は受講無料です。

1期のお申込は【2021年5月18〜27日まで】期間限定の募集となります

おひとりさま検定試験(R)」初級検定「つたえびと」の講座内容は下記の通りです。

初級検定「つたえびと」では、私たちが理想とする「ひとりで生きる力」とは? また、「ひとり」の背景にある〝生きづらさ、孤独や孤立〟を臨床心理士/公認心理師が解説。理解を深める1時間の動画講座を受講いただきます。その後に、記述テスト(一部レポート)を受けていただく内容です。

「理解のための3時間」
①私たちが理想とする「個立有援(縁)」の生き方、「ひとりで生きる力」について動画で解説(30分程度)
②「ひとり」の背景にある〝生きづらさ、孤独や孤立〟を臨床心理士/公認心理師が動画で解説(30分程度)
③簡単なテスト4問と「つながり力」について実際に考えていただくレポート(800文字以内)を提出していただきます。
動画配信は5月27〜31日まで、テストは早い方で15分ほどで終了します。
※テスト、レポートについては、アンケートフォームに記入いただきますので動画講座をご覧いただいた後、空いた時間にチャレンジし6月3日までに提出(送信)してください。

合否については、合格者のみにご登録のメールアドレス宛にご連絡させていただきます。また、受講・受検は無料ですが、合格者の方で認定証の発行とHPへのお名前登録を希望される方は、登録料が必要です(税込3,300円)。

TOPへ戻る

わたしたちの想い

おひとりさま〟という言葉の先入観・固定観念は、ひとそれぞれですが、実際にはだれひとりとして同じ人はいないので、すべての人が〝おひとりさま〟だと思っています。みんなちがってみんないい、そんな視点で「ひとり」と「ひとり」がつながり、その先に安心・安全の場やコミュニティが形成され、さらには、地域やビジネスがつながっていく、そのような「持続可能」な未来を理想とし、創造できる人材の輩出を目標としています。

人間の幸福度にもっとも影響を与えるのは、「あたたかな人間関係」と言われています。
75年間にわたって「人間の幸福度」について研究した「ハーバードメン研究」(ハーバード大学)では、幸福度にもっとも影響を与えるのは「あたたかな人間関係である」と結論づけています。
この研究は、被験者268人を75年間追跡調査して、幸福度が高かった上位10%と、そうではない下位10%を比較したのだそうです。結果、明らかになった両者の最大の違いが「あたたかな人間関係」を、人生で築くことができたかどうかだったのだそうです。
さらにトップ10%の人は、下位10%の人と比較して専門分野で成功した人が3倍も多く、年収も高いという結果も出ているそうです。
こうした人間関係を築くうえで必要となるのが、自分とは意見や立場の異なる人たちの意見を聞き入れ、どれだけ理解を示すことができるかという「寛容さ」。自分のことをきちんと伝えていくことのできる「訴求力」や「発信力」も必要となるでしょう。

おひとりさま検定試験(R)では、こうした〝つながり〟を実現するための知識や技術等をお伝えしていくことも目的のひとつとなります。

おひとりさま検定試験事務局

info@hito-ken.com ※メールにてお問い合わせください。

営業時間/平日10:00〜17:00 定休日/土日祝 TEL.092-406-8009
運営:一般社団法人ひとりとひとり (公式サイト:http://hitori-to-hitori.com
ひとりとひとり編集部はnote毎日更新中! 詳細はこちら

TOPへ戻る